ここでは自己破産のお手続についてご案内します。
自己破産とは、自力での借金やローンの返済が不可能となった場合、裁判所に申立てをおこない、「免責許可」を受けることにより、全ての借金の返済義務を免れる手続をいいます。
「免責許可」を受けることができるのは、「支払能力」が無いと裁判所が判断する場合に限定されます。
破産申立の際には、負債額、借入先、現在の収入、直近の出納状況、保有する資産などの資料を集め、その他、返済が困難な状況に陥った経緯などを述べた書類を裁判所に提出する必要があり、それらの資料を裁判所が調査したうえで、「支払能力」の有無を判断します。

自己破産のメリット

・借金、ローンなど、全ての債務の支払義務が免除されます。

・手続開始後は債権者に対し手続開始の通知を送付しますので、給料の差押え等の強制執行を受けることはなくなります。

・裁判所が認める、必要最低限の財産については手元に残すことができます。

自己破産のデメリット

・信用情報機関に破産の情報が搭載される(いわゆるブラックリスト)ため、借入やローンは約5~10年程度できなくなります。

・官報(国が発行する機関紙)に、自己破産者として掲載されます。

・裁判所の免責決定を受けるまでの間、他人の財産を防衛、管理するような職業(警備員、士業、保険外交員)に就職できなくなる可能性があります。

お手続に関するご相談

自己破産の手続は、裁判所に対する手続となるため、申立書の作成、必要書類の収集については、専門的な知識を要します。
少しでもお手続に不安がある場合や、裁判所への説明書類の作成の方法がお分かりにならない場合は、当サイトの無料相談をご利用いただき、不安点を解消していただくことをお勧めします。