ここでは民事再生のお手続についてご案内いたします。

民事再生(個人再生)とは、自己破産はしたくない、または住宅を手放さずに生活を再建するための手続です。
民事再生を利用するためには、いくつかの条件がありますが、原則として「継続して収入の見込みがある方」が利用できる制度です。
また、住宅ローン以外の借金総額が5000万円以下の方は、「小規模民事再生」となり、サラリーマンの場合は、住宅ローンの特例を適用することにより、手続きを一部簡略化できるように定められています。

民事再生のメリット

民事再生のメリットとしては、ローンが残っている住宅を手放さずに、住宅ローン以外の借金の減額、利息のカットができる点にありますが、一般的に、住宅ローン以外の借金の総額の1/5(最低100万円以上)を、原則的に3年間で計画的に分割返済していくことができるようになります。ケースによっては「大幅な借金の減額」と、継続して収入が見込めることを根拠とした「計画的な返済」が可能となります。

民事再生のデメリット

民事再生は住宅ローンの減額はできないため、住宅ローン以外の借金は少ないが、住宅ローンの返済額が大きく家計を圧迫している、といった方には不向きです。
その他の、「ブラックリストへの登録」や、「官報への登載」といったデメリットについては、「自己破産」と同様に受けることになります。

自己破産手続との違い

自己破産では一定期間、保険外交員や警備員などの職種に就くことができませんが、民事再生にはそういった制限がありませんので、該当する職種の会社等にお勤めの方は、要件を満たす場合には民事再生を選択することをお勧めします。