任意整理とは

ここでは、債務整理の手続について、「任意整理」と「過払い請求」のお手続についてご案内いたします。

債務を整理するお手続の中で、最も多い方法を「任意整理」といいます。
任意整理とは、お客様よりご依頼をいただいた司法書士が、債権者(貸金業者、クレジット会社など)と交渉をし、返済の方法や返済の額、分割返済の場合の返済回数などについて協議し、支払いが可能になるような条件で合意を成立させる手続です。
裁判所を介して行う債務の整理方法を「法定整理」というのに対し、裁判所を介さずに行う手続であるため「任意整理」といいます。

任意整理を行うメリット

任意整理を行うことにより、原則的に利息がカットされ、整理後は利息が雪だるま式に膨らんでいくことが無くなり、毎月の返済額が「無理のない、固定の返済金額」となりますので、「計画的」にご返済を行っていただくことが可能となります。

過払い請求とは

法定の制限利率を超えた利率(グレーゾーン金利)で返済を続けてきた場合に、過去に払いすぎた利息のことを「過払い金」といい、払い過ぎた利息を取り戻す請求をすることを、過払い請求といいます。

過去、主に消費者金融やクレジット会社等が、利息制限法で定められた制限金利を超えて、出資法の制限金利の29.2%で貸金を行っていた時代がありました。
この、「利息制限法での法定金利以上・出資法の制限金利29.2%以内」の金利を「グレーゾーン金利」と呼びます。

もし、過去に、長期間にわたり消費者金融等から借金をしていた方は、この「過払金」が発生している可能性があります。
気になる方は、一度「無料相談」をご利用いただき、過去の借入状況等をお聞かせください。

過払い請求には時効がある

過払い金請求には時効が定められており、『完済してから10年』で時効となります。
「最後に返済した日」から10年が経過しますと、過払金の返還請求ができなくなりますので注意が必要です。
ちょうど10年を迎えそうな方については、お早めにご相談ください。