相続手続の全体の流れ

まずは、相続手続の全体の流れをご紹介します。
故人が、不動産や金融資産を所有していた場合は、一般的に下記の手続が必要となります。

・死亡届、社会保険等の手続
・(故人が確定申告をしていた場合)所得税の準確定申告
・遺言書の有無の確認
・司法書士、行政書士への依頼の検討
・戸籍等の取り寄せ、相続人の確定
・相続財産の調査
・相続税の課税の有無の検討
・相続人ごとに相続放棄、限定承認手続の検討(相続開始から3ヶ月以内)
・遺産分割協議
・手続に必要な諸々の書類作成
・故人名義の銀行口座の解約、払戻手続
・不動産の相続登記
・相続税が課税される場合は、相続税の申告(相続開始から10ヶ月以内)

相続手続については、まずはご相談を

上記の手続が全て必要なご家庭があれば、上記のうち一部の手続だけが必要なご家庭もあります。
皆様のご家庭にとって必要なお手続がわからない、といった場合は、まずは当サイトの無料相談をご利用いただくと、「必要なお手続」、「お手続の難易度」、「必要な資料、書類」、「司法書士・行政書士に依頼した場合の費用「不動産の登記等に要する法定実費の目安」「手続期間の目安」などをご案内しておりますので、まずはお気軽に無料相談をご予約ください。