ここでは相続放棄、限定承認についてご案内します。

相続が開始した場合、まず各相続人の皆様は、以下のいずれかの選択と判断を行う必要があります。

①亡くなった方の不動産や預金などの資産と、借金やローン等の債務をすべて相続する

②亡くなった方の資産や権利、債務などを一切相続しない

③亡くなった方の正確な資産や債務額が不明の場合、債務を差し引いてもなお資産が残る可能性があるときに、相続によって得る資産額の範囲を限度に債務の負担を相続する

①を単純承認、②を相続放棄、③を限定承認、といいます。
この①から③の選択は、「亡くなったことを知ったときから3ヶ月以内」に選択する必要があります。

相続放棄・限定承認は、裁判所への申述が必要

相続放棄、限定承認を選択される場合は、「亡くなられた方の住所地を管轄する家庭裁判所」に対して「申述書」を提出し、「審判」を受ける必要があります。
この手続をしないまま3ヶ月を経過しますと、「単純承認」をしたものとみなされます。

単純承認とは、「資産も債務も一切を相続することを承認する」という判断となりますので、「亡くなられた人に債務があるから、相続したくない」とお考えであれば、相続放棄もしくは限定承認の手続を必ず行ってください。

相続放棄、限定承認のお手続のご相談

相続放棄、限定承認のお手続は、一度しか行うことができません。
実務上、再チャレンジが認められる可能性は限りなく低いため、手続は正確に、慎重に行う必要があります。
家庭裁判所に対する相続放棄、限定承認のお手続をご自身で行うことが難しい、または、手続を正確に行う自信が無い、という方は、ぜひ一度、当サイトの無料相談をご利用いただき、専門家にご相談ください。