財産管理とは、ご自身がお元気なうちに、将来「認知症」や「寝たきり状態」等になってしまった場合の「財産管理ができなくなった時」のために、ご自身の財産(金融資産、不動産など)の管理等について事前に「代理人」を選んでおき、具体的な財産管理方法や管理内容を決めておくことをいいます。この管理方法、管理内容に関する取り決めについて、代理人と契約することを「財産管理委任契約」といいます。

成年後見制度との関係

成年後見制度は、通常はご本人の「判断能力の減退」などが発生した場合に利用できる精度ですが、財産管理委任契約は、お元気なうちに契約を締結しておくことができますし、お元気なうちから、実際に管理を代理人の方に任せる事も可能です。
そのため、代理人に委任する内容等については、民法の規定に従って個別具体的に定めておく必要があり、場合によっては代理人に付与する「報酬」等を定めておく必要もありますので、通常、「財産管理委任契約」は、「公正証書」で作成しておくことが一般的です。

財産管理委任契約についてのご相談

財産管理委任契約に定める事項は多岐にわたることが多いため、契約作成時点で、様々な検討事項をひとつひとつ決定していく必要があります。
ご自身だけでは難しい検討事項については、私たちがサポートさせていただきますので、財産管理委任契約をご検討中の方については、当サイトの無料相談をご利用ください。